ネズミ駆除やイタチ駆除は業者依頼がキホン!

近年増えているネズミ駆除とイタチ駆除

ネズミ駆除やイタチ駆除は自分でやってはいけない

ネズミ駆除やイタチ駆除を自分で行なおうと考えている人もいるでしょう。しかし、安易に自分で駆除してはいけません。デメリットがいくつかあるので紹介します。

ネズミやイタチに噛まれて鼠咬症(そこうしょう)になることも…

ネズミやイタチなどの害獣に噛まれて起こる病気を鼠咬症(そこうしょう)と言います。噛まれた傷口はただれて、39度以上の高熱と頭痛、寒気や関節痛が現れます。アナフィラキシーショックを起こることもあり、全身の腫れや息苦しさ、呼吸障害や意識障害、心肺停止につながる危険性もあります。イタチの体内には基本的に鼠咬症を起こす菌はありませんが、イタチがネズミに咬まれていれば話は別です。ネズミに咬まれたイタチが人間を噛むことで、感染が起こってしまうからです。ペットがいる場合も同様に注意しましょう。

噛まれると最悪死亡することもある

野生のネズミは見た目が可愛いので、危険性を知らない人や小さな子どもは触ろうとしてしまうでしょう。噛まれた場合は上述したような症状が出るため、絶対に近付いてはいけません。もし噛まれたり引っ掻かれたりした場合は、傷口を流水で洗い流して消毒し、早めに病院に行きましょう。ネズミ取りで捕獲したネズミを取る場合も、決して素手では触らないようにしましょう。

イタチ駆除を行なう前に注意

ネズミ駆除を行なう場合は、役所などに申請する必要はありません。しかし、自分で実施する場合は、駆除後の後始末も自分で行なわなければいけません。ネズミやイタチが持っている菌やダニ、ノミなどに気を付けながら作業を行なう必要があるので、業者に依頼した方が安全かつ効率が良いと言えます。ネズミ駆除やイタチ駆除を行なっている業者では、駆除後の消毒もしっかりと行なってくれます。

TOPボタン